〜花粉症でお困りの方必見〜

花粉症に効果のあるお茶をご紹介します。
凍頂烏龍茶は、彩香茶房でとても人気のあるメニューですよ。
凍頂烏龍茶・甜茶、どちらも店内で販売しております。


 甜茶(てんちゃ)は中国で飲まれている甘いお茶の総称です。 その中の、甜葉懸鈎子(てんちゃけんこうし)という種類に 含まれるGOD型ポリフェノールは、くしゃみや鼻水等 花粉症を引き起こすヒスタミンの放出を抑える効果があると言われています。

 あるTV番組の実験によると甜茶を毎日500ml、2週間続けて摂取した場合、3人中2人のヒスタミンの分泌が減少するという結果がでました。残りの1名は飲み方が悪かったと判明。

 凍頂烏龍茶に含まれる成分メチル化カテキンヒスタミンを発生させる
IgE抗体を抑制する効果があり ます。メチル化カテキンは日本茶や、鉄観音には含まれません。

 こちらも番組中に行われた実験によると、8gの茶葉を使った凍頂烏龍茶(熱湯で淹れたもの)を、1日3回(各300ml)づつ、1週間飲み続けた結果、ヒスタミン量が極端に減少しました。

[花粉症のメカニズム]

人間にとっては花粉は異物。抗原(花粉)が体内に侵入すると体を守るために免疫機能が働き、IgE抗体が作り 出されます。IgE抗体は細胞に付着して次の異物に備え ます。次に異物が入ってくるとIgE抗体が感知して
それを外へ出すためにヒスタミンが分泌されます。
それによって神経や血管が刺激を受ける為に、様々な症状 (くしゃみや鼻水といったアレルギー反応)を引き起こし ます。
[甜茶と凍頂烏龍茶の違い]
甜茶は、花粉症の症状が出る直前にそれを押さえますが凍頂烏龍茶は、花粉症の元から抑えるという違いがあります。