お茶に含まれるカテキン(茶カテキン)が体脂肪を低減させ 体内のエネルギー消費をも促進、 結果的に肥満を防ぐ事が臨床試験で証明されました。
[毎日新聞、2004年1月17日の記事]
                
様々なカテキンの効果

多くの生理作用
(抗酸化作用、殺菌作用、抗ガン作用、高血圧低下作用、血糖値上昇抑制作用など)がすでに知られています。茶カテキンは、お茶に含まれている成分で、抗酸化作用を有するポリフェ ノールの一種です。

カテキン

茶葉を急須で入れ た場合、湯のみ1杯 (120ml) に80mgほどの茶カテ キンが含まれています。ヒトの臨床試験の結果、「茶カテキンを1日540mg 以上継続的に摂取することにより体脂肪が減少する」 という事が証明され ました。日本人の伝統的な食習慣である食後のお茶は肥満予防に”意味 のある一杯”だったようです。

〜いろんな中国茶を楽しみながら、ダイエットしましょう〜