南京町の新名物「西安門」がついに完成。
1月15日(土)に「光復祭」と題し竣工記念式典が行われました。

阪神大震災から10年。震災からの復興の象徴として建築され
ました。門の看板には、市長直筆の「光復」という字が入っています。
これは中国語で「失ったものを取り戻す」という意味があるそうです。

 神戸市長  矢田 立郎氏

  市長挨拶の様子【動画】

当日は多くの参加者、報道陣もたくさん集まりました。

ハプニングも!「光復」の文字がお披露目のはず・・
テープカットの後、看板の布が引っかかって しまい、あわてて
脚立で登り布を取りのぞく、ハプニングもありました。

 看板に布がひっかかり・・・
   ハプニング【動画】

「光復」の文字がお披露目。 最後に獅子舞が登場。

点灯式 17:00〜


大理石でできた両柱が点灯!
点灯式【動画】



夜のライトアップされた様子はかなり豪華。 彫刻を施した柱に
発光ダイオードが埋め込まれており、色が様々に変化。


最後は龍舞を披露してくれました!