アディポネクチンの血中濃度が下がると、糖尿病や動脈硬化になりやすいとされています。

実験では、心臓冠動脈疾患の患者22人を対象に毎日1リットルのウーロン茶を1ヶ月続けて飲んでもらったところ、アディポネクチンの数値が上昇したそうです。

逆に飲用をやめたところ、数値が下がったためウーロン茶アディポネクチンを上げる効果があることが実証されました。

日本人は遺伝的にアディポネクチンを作りにくい素因をもっており、糖尿病をおこしやすいそうです。

動脈硬化や糖尿病予防のためにウーロン茶を是非、毎日飲みましょう!

ちなみに有酸素運動をすることで、食事療法などと比べアディポネクチン分泌量はさらに上昇するそうですよ!

適度な運動もしましょうね。




 


BACK